便秘が病気につながる?

便秘が病気につながる?

便秘といっても少し放っておけば自然に解消されているという状況ですと、特別に対策をとるといったこともしないものです。
しかしながら、いつも自然に治るというわけではありません。
時には放置しておくことによって病気の原因となり、ことによると生命をおびやかすような大きな病気へと進行してしまう危険もあるのです。
生活習慣を見直せば確実に解消することができるものですから、自覚があればしっかりケアをしたいところです。
たとえば近年の日本人に大腸がんの患者数が増加していることは、便秘と無関係ではないといいます。
その背景には、かつてと食生活が変化しているという事情があります。
摂取する食物繊維の量が減っているといったことから、便が腸内にとどまる時間は長くなっている傾向にあります。
そのために、便に含まれている有害な物質も腸の中に長くとどまっているということになります。
こういった有害物質が、大腸がんの発症をうながしているというわけです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする