便秘で違和感があるときのマッサージ

便秘で違和感があるときのマッサージ

便秘であるときには症状によっては、おなかが痛くなったり張るような感覚があったりすることもあります。
こういった感覚は、日常生活を送っていてもどこか気になってほかのことに集中することができなくなったりします。
小さな子どもがおなかの痛みを訴えると、お母さんがおなかをさすってくれるということがあります。
すると痛みが治まるかのように感じられるものです。
大体は心理的な影響によるものであるとされているのですが、便秘に対してさするようにマッサージするということは、確かに改善効果をもたらすケースもあります。
腸内に便が滞留していることによって、痛みや張りといったかたちで違和感があらわれているわけです。
手でマッサージをすると、刺激が腸に伝わってその動きを活性化させる可能性があります。
そこから便意につながるというわけです。
有効なマッサージの仕方としては、手をこすって温めた上で、時計まわりにおへその周囲をさするという方法が知られています。
また、おへそのまわりには便秘に効果的であるとされるツボも多いため、指で押して刺激することでも効果が期待されます。
腰も含めて温めることも良いので、おなかと腰をセットでマッサージすることも良いかもしれません。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする