便秘の症状

便秘の症状

便秘の症状には3つの様態があると言われ、それぞれに異なる特徴があってその症状や度合いも異なります。人によっては精神的ストレスや激しい痛みを生じることもあるのが便秘の特徴です。
1.弛緩型便秘
腸が排便を促すために必要な排泄運動が、腸の活動低下によって阻害され排泄困難となる状態のことを指します。主な理由としては、食事量が少なくて長時間大腸に便がとどまり水分を吸収して硬くなってしまうためだと言われています。
2.痙攣型便秘
大腸の前半部分で便が止まってしまい、後半へ(直腸側へ)の排せつ活動がうまく行われなくなってしまった状態を指します。この便秘が生じる理由は、大腸の壁面が痙攣の影響を受けて縮こまり、便が通るのを妨げてしまうことが知られています。
3.直腸型便秘
便が出るはずの直腸は、便の出口の役目を果たしており、この部位が機能低下することによって生じる状態のことを指しています。直腸の機能を低下させる要因としては、便意があるのに排便を無理に我慢したり、腸の活動低下によって無自覚に直腸に便がたまってしまうことが挙げられます。また、直腸圧を調整する機能が何らかの理由で異常を起こしてしまうことも直腸型便秘が生じる原因だと言われています。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする