便秘を定義する

便秘を定義する

便秘の定義として良く提示されるのが「3日」というキーワードです。便秘というのはすなわち、便が秘なる(腸の中でとどまる)という意味であり、その人が3日以上の排便困難な状況であるつことを指しています。
しかし、便秘というのは単純に日数で決まるほど簡単なものではないと言われているのも事実です。その証拠に、2日しか間隔が開かなくても便秘という人もいれば、4日以上便が出なくても便秘ではないという人もいるのです。
つまり、ゲシュタルト的な考え方(同じ刺激を与えれば同じだけの反応が起こるという考え方)を生理活動の一つである排便行為に向けるのは非常に困難さが伴うということであると言えるのです。
便秘と定義するためにはこの生理的な排便の障害と合わせて、精神的(メンタル的)な側面もとらえなければいけないということがいえるのです。便秘を定義するための条件を提示しなおせばこうなります。
「3日以上排便が困難な状況であり、かつそれを便秘と認識している」となります。
実際に、便秘というのは女性に多いと言われていますが、その多くの人たちが3日以上便が出ないという状況を中心に便秘と考えていることがこの定義の本質であり、この日数以下の状況であれば、逆にその人は便秘ではないと機械的に判断ができるのも事実なのです。
確かに、便秘というものは精神面での認識が重要になってくるのですが、それをあえて便秘ではないと定義してやることによって、その負担を軽くしてあげることがこの定義の狙いでもあると言えるでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする