習慣性便秘と腸内細菌

習慣性便秘と腸内細菌

習慣性便秘はその原因によって直腸性、けいれん性、弛緩性というものに分けられています。
ただ、いずれの場合も腸内で細菌叢のバランスが乱れているという点では共通しています。
人間の腸には、100兆にもなる細菌が存在しています。
その種類も多様なものであり、よく知られている乳酸菌、ビフィズス菌などといったものは『善玉菌』といわれます。
一方『O-157』といったものもその一種である大腸菌、ウェルシュ菌などは『悪玉菌』といわれます。
そのほか、善玉菌でも悪玉菌でもない『日和見菌』というものもあります。
通常は、善玉菌が悪玉菌のはたらきを抑えることで細菌のバランスを保ち、腸内環境を健康に保っています。
ただ、悪玉菌の数がより多くなってしまうとアミノ酸、たんぱく質などが活発に分解されてアンモニアなどを生じ、腸の活動を弱らせるのです。
それが便秘にもつながりますから、善玉菌である乳酸菌などを積極的に摂取して悪玉菌を抑制する必要があります。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする