一過性と習慣性の便秘

一過性と習慣性の便秘

便秘の症状のうちの大部分は、腸の機能が低下している機能性便秘に該当しています。
腸の動きが弱くなっているわけですが、その原因は一時的である場合のほか、生活習慣が影響している場合もあります。
一過性というと、旅行へ出かけることなどによって環境が変化しているために、緊張状態であったりストレスが知らず知らずのうちに溜まっているということが考えられます。
また普段と食べるものが変わったりもしますから、食物繊維や水分の摂取が不足するという可能性もあります。
こういった場合は、元の生活に戻ることで自然に治まるものです。
普段の生活習慣に問題はないということになりますが、便秘が習慣性である場合は普段の生活から見直さなければなりません。
直腸性便秘では便が直腸まで達しているにもかかわらずその刺激が大脳に伝わっていないため、結局排便することができないという状況ですから、『出そうなのに出ない』という感覚でわかります。
また、けいれん性便秘では疲れやストレスのために腸がひきつっていて、便の動きが悪くなっている感覚がします。
さらに弛緩性便秘では腹筋の弱さから腸の運動が弱くなっていて、便意はありながらおなかが張ってしまいます。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする