定義と実感の違い

定義と実感の違い

便秘だと思っていても、解釈上は当てはまらないという場合があります。
排便がスムーズでなければ便秘であると思われがちですが、実は便が腸管を通過するまでにかかる時間として生理的に正常な数値は、120時間までとされているのです。
つまり状況によっては、食べたものが5日のうちに排出されていれば良いということになります。
そこにさらに排便の困難があるといった症状があると、定義上は便秘であるとされます。
3日間や4日間のうちに一度しか排便がなかったとしても、普段からそういった頻度であって特に苦痛もないということであれば、単に便がゆっくり腸管を通過しているということで便秘ではないということになります。
その逆に、たとえば毎日排便があってもおなかが張っているような苦しい感覚、残便感といったものがあれば、便秘であるということになります。
頻度よりも、排便の際の感覚といったところに着目することが判断のポイントになるということです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする