便秘は女性に多い

便秘は女性に多い

便秘は男性よりも女性に多く見られる症状であるということが知られています。
ただいわれているだけのことではなく身体構造、生活習慣、社会的な要因までさまざまな科学的な根拠が挙げられています。

身体面では排便の際に用いる腹筋や括約筋の力が男性よりも弱く、また黄体ホルモンであるプロジェステロンが体内に水分を溜めこもうとするために、排便に必要な水分が不足することにもなります。
これは、妊娠期間にある女性が便秘になりがちであることにも見られています。

さらに骨盤が広くなっているため腸が下がりやすいこと、下半身に脂肪や血液が集まりやすいことも腸のはたらきを弱める傾向につながっています。
生活面ではダイエットで食事制限をすることが多いため、腸の運動が低下するということも関係しています。

そして社会面では人前などで便意が感じられた際に、恥ずかしいと感じる心理などから我慢してしまうといった傾向があります。
そのために排便をするリズムに異常が生じ、反射が鈍って便意を感じないようにもなってしまうという可能性があります。

ちなみに男性は、逆に下痢が多い傾向にあります。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする