家庭での習慣で対策

家庭での習慣で対策

便秘になってしまったというときには、その原因が明確になっている場合にはそれぞれに応じた治療を行うということになります。
そうでない場合は、普段の生活における心がけによって対策するようにします。
たとえば、毎日の決まった時間にトイレへ行く習慣をつけるようにします。
朝であれば朝のうちに一度は排便をしようという意識を持ってトイレに行ってみます。
ただ、まったくその気配がないというときには、長く粘りすぎても良くありません。
また、排便の際には腹筋が重要な役割を果たしますから、腹筋が鍛えられる水泳や体操などといった運動に取り組むことも効果的です。
食生活では毎日の3食をしっかり食べ、食物繊維を十分に摂取するようにします。
食べなければ、出るものも出ません。
そのほか、朝は起きてすぐに冷たいものを飲むことも良いとされています。
トイレで排便に臨むときには、『考える人』の彫刻のような気持ち前に傾く姿勢が病院でも指導されています。
そうすることで、直腸肛門角が開きます。
また、かかとを少し挙げるようにすると腹筋に力が入りやすくなり、わき腹をおさえることによっても腹圧がかかって良いといいます。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする