便秘の治療に使用される薬

便秘の治療に使用される薬

便秘の症状がひどいというときには、薬に頼らなければならないという場合もあります。
おもに使用されるものは下剤や便秘薬、浣腸といったものです。
便秘薬として市販されているものは症状を治療するという効果があるものではなく、あくまでも溜まっている便を排泄させることによって症状をやわらげるというものになっています。
下剤もそうですが、使用を繰り返していくことによって習慣性がつきやすいものであり、やがては薬によって受ける刺激がにぶっていくことも懸念されます。
そのうちには、薬を使わなければ排便することができなくなるという便秘薬依存症、腸管粘膜障害といった症状が起こる可能性もあります。
浣腸については、直腸を刺激することによって排泄をうながすというものとなっています。
ただ、その刺激が強いために、便意が急激に感じられるという場合もあります。
逆に体質によっては排便後の不快感が残るということもあり、諸刃の剣のようなところもあります。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする