機能性便秘にもいろいろある

機能性便秘にもいろいろある

便秘という症状は排便がスムーズでないということでわかっていますが、そのメカニズムについては問題のあるもの、ないものがそれぞれあります。
大腸がんや直腸がん、甲状腺機能低下症などといった病気の症状として便秘が起こることがあり、それぞれの病気について治療しなければなりません。
一方緊急的な問題がなく原因が明確でないという場合は、『常習性便秘』といわれています。
いわゆる慢性的な機能性の便秘です。
このうち『弛緩性便秘』というものは、食事の量や食物繊維の摂取量が不足しているほか、運動不足や年齢のために腹筋が弱まっていることが理由となっています。
そのために腸への刺激が足りなくなっていて、蠕動運動も弱まるのです。
また、『痙攣性便秘』は自律神経の調子が良くないために大腸の下側が痙攣性の収縮を起こしていて、腸管が細くなっていることで便が動きにくくなっているという状態です。
精神的にストレスがあったり、過敏性大腸炎症候群の症状があるときなどが該当します。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする