便秘の区分はふたつある

便秘の区分はふたつある

便秘の症状については、その状態が起こっている原因によって続発性、特発性というふたつに区分されています。
続発性便秘は器質性便秘ともいわれていて、薬を使用した副作用として排便が阻害されていたり、大腸がんなどといった病気が影響している場合も該当します。

特発性便秘については機能性便秘ともいわれていて、その名のように身体の機能が関係している場合のものです。
普段の生活で多いのは特発性便秘であり、大腸の蠕動運動や直腸の機能になんらかの異常が生じているという状態になっています。

このときの腸は一部分が締めつけられていることによって細くなっていたり、あるいは遮断がなされています。
また、麻痺が起こっていて腸が蠕動しないために、便は進んでいくことができなくなっているのです。

そのほか、水分が不足していることによって便が硬くなったり大きくなってしまい、スムーズに排泄されなくなっている場合もあります。
逆にそもそも便の量自体が少ないというケースもあります。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする