食物繊維を摂取して便秘解消に即効性を2

食物繊維を摂取して便秘解消に即効性を2

便秘解消に効果的な食物繊維は、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があるということを説明しました。この2種類の食物繊維は、便秘の解消のためにはどちらもとても重要な存在になってきます。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のどちらも、バランスよく摂取することによって、便秘解消に繋がるということを、しっかりと押さえておきましょう。具体的に水溶性食物繊維の場合、果物、海藻、こんにゃくなどによく含まれています。不溶性食物繊維の場合は、野菜や甲殻類に含まれることが多いです。このように食物繊維は、基本的には便秘解消に役立つものですが、実は例外的に、自律神経系の問題からくる「痙攣性便秘」に対しては、不溶性食物繊維はよくないとも考えられているので、注意が必要です。不溶性食物繊維は腸を刺激してしまうことから、緊張から起こっている痙攣性便秘の場合には、症状が酷くなってしまうのです。ストレスなどがたまっている、またはお腹の張りはなく、小さな便が出るなどの症状を有している場合には、痙攣性便秘の可能性を疑い、不溶性食物繊維を控えるよう心掛けましょう。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする