ツボ(外関)を押して即行で便秘を解消する

ツボ(外関)を押して即行で便秘を解消する

便秘を即行で解消するために効く、ツボを紹介していきます。まずは、左手首にある「外関(がいかん)」です。外関は、手を反らした時に、手首に出来るしわから、3指の幅(2寸)肘よりに位置しています。椅子に座った姿勢において、息を吐く時に、右手の中指でツボを叩くのです。そして、息を吸う時には離すようにします。これを数回繰り返すことによって、他のツボを刺激した時の効果をアップさせることにも繋がっているのです。外関はまた、手の神経痛や手関節の痛みに用いることがあります。それだけでなく、なんとなく浮腫(むく)んで体が重怠いというような状態の場合でも、効果的だと考えられています。外関は、三焦という臓腑と関係しています。三焦という臓腑は、東洋医学独特の臓腑でもあり、その働きは、水分代謝を行うことで知られています。だからこそ、三焦の機能に変調が生じると、水分代謝がスムーズに進まなくなります。そして浮腫が生じて、体の重怠さが感じられるのです。外関は便秘だけでなく、重怠さを軽減し、体が軽くなることにも貢献してくれます。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする