便秘を即行で解消するためのツボを刺激する1

便秘を即行で解消するためのツボを刺激する1

便秘を解消させるために、胃腸の動きを活発にするツボである3つの刺激法を紹介していきます。始めに、「間使(かんし)」から見ていきます。間使は、まず親指をツボにあてます。それから、残りの4本の指で支えながら、1~3分の間、痛気持ちいい程度の力を加えて、押して揉みほぐしていきます。間使には即効性があると言われているので、少しでも便意を感じた時には、いきむことが出来るように、トイレの中で集中して行うことをお勧めします。また、便意を感じたら、我慢しないことが重要です。特に、頑固な便秘に悩まされている人の場合、この習慣を身に付けることが大事です。次は、「大巨(だいこ)」の刺激法になります。大巨は、非常に硬いことですぐ分かるようになっています。どちらか片方のツボを、右手と左手の人差し指と、中指を重ねて押し、揉みほぐすように刺激します。この際に大事なのは、女性の場合、右手が下にくるようにすることです。それから、1~2分の間、痛気持ちいい程度の力を加えていきましょう。硬いと感じることから、つい強く押さえ過ぎてしまうので、注意して下さい。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする