便秘を即行で解消するためのツボを探す

便秘を即行で解消するためのツボを探す

便秘を即行で解消させるために、効果的だと考えられている方法の1つが、ツボになります。灸や鍼の治療で効果のある、人体の定まった位置であるツボ「間使(かんし)」は、手首の横じわから指4本離れたところ、2本の筋の間にあります。親指で押した時に、圧迫感に似たような痛みを感じるところが間使です。便秘の人は抵抗感があることもあり、普通よりは分かりやすくなっています。「大巨(だいこ)」は、おへそから左右に指2本半分外側のラインと、同じく指2本半分下に下がったラインが交わったところにあります。便秘の人の場合、この大巨がかなり硬くなっているので、分かりやすくなっています。足の「三里(さんり)」は、足の膝のお皿の下から、指4本分下がったところにある、向こう脛(ずね)の外側にあります。親指で押した際には、圧迫感に似たような痛みを感じることがあるのが特徴です。脛骨(けいこつ、四肢動物の後肢を構成する長骨の1つ)前面を下からなで上げていって、止まった部分と、腓骨頭の下一寸にある。陽陵泉穴(ようりょうせんけつ)の中間点でもあります。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする