便秘解消に必要なこと2

便秘解消に必要なこと2

自律神経のバランスを整えるためには、朝はしっかりと起床して、交感神経と副交感神経の切り替えを行います。この時、朝日を浴びることが、最も効果的だと言われています。さらには、就寝する3時間前には、食物を摂取することを控えることも、安眠へと繋がります。寝る直前に食べてしまうと、交感神経が活発になって、本来睡眠中に働くはずの副交感神経が鈍ってしまうのです。また、夜更かしせずに、早めに寝ることを心掛けましょう。腸の働きが、最も活発になるのは、深夜0時前後だと考えられています。だからこそ、それまでに寝ていることが、腸の働きを助けて、便秘を改善する手助けになるわけです。肛門括約筋などの筋力を鍛えることにも共通しますが、適度な運動も効果的だとされています。運動は、筋力を付けるだけではなく、腸に刺激を入れて、腸の働きを活性化してくれます。ストレスを緩和させてくれる作用も有しているので、自律神経の切り替えを円滑にする手助けをすることにも繋がるのです。しかし、激しい運動では、逆に交感神経を高ぶらせるだけになってしまい、逆効果になってしまいます。ウォーキングなどの軽い運動が、便秘には特に良いとされています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする