どうして便秘になるのか?3

どうして便秘になるのか?3

便秘になる原因として、次に挙げられるのが、ストレスなどによって自律神経が安定していない場合です。人間は、自律神経である「交感神経」と「副交感神経」を、交互に繰り返して、体の細胞を動かしているのです。主として、興奮状態をつかさどっているのは交感神経になり、リラックス状態をつかさどっているのは副交感神経になります。ぜんどう運動などの腸の働きは、この副交感神経によって機能しているのです。それがストレスなどによって、神経が常に興奮状態にあると、副交感神経へとスムーズに切り替えることが出来ずに、結果的に、ぜんどう運動などの腸の働きが低下して、便秘を引き起こしてしまうのです。そして、肛門括約筋が正常に機能していない場合です。そもそも、直腸に便が溜まると、肛門括約筋が反応して、脳に信号を送るようになっています。しかしながらも、肛門括約筋が何らかの原因によって、正常に働かないと、便が溜まっても、脳に信号を送れなくなってしまうのです。そして、便意を感じることが出来ずに、便が溜まってしまい、便秘の状態へと至ってしまうのです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする