断食の実践方法2

断食の実践方法2

便秘解消のための断食実践方法の1つである、グレープフルーツジュースと水のみを摂取することは、内臓にほとんど負担をかけないことを特徴としています。そのほかにも、ブドウ、メロン、トマト、スイカなどの果物類、さらにはニンジンジュースなどの野菜類を使ったものであっても、断食をする時に摂取するものとしては、とても有効です。以上のような材料を揃えたら、さっそく断食を開始します。目安としては、この断食方法を数日間実行することが望ましいとされています。しかしながらも、学生であれば学校が、会社員であれば仕事が、主婦であれば家事があるように、なかなか断食のために時間を割くことが出来ないこともあります。無理をして断食を実行したことによって、疲労とエネルギー不足で倒れてしまっては、本末転倒です。常に念頭に置かなければならないのは、便秘を解消することを目的としている、ということです。平日は忙しいという人は、週末の2日間だけでも、充分に効果が期待出来るので、決して無理はしないで下さい。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする