便秘解消のための水分はいつ摂るべきか?2

便秘解消のための水分はいつ摂るべきか?2

便秘を解消するため、また排便を習慣づけるために、水分を朝にしっかりと摂取することが望ましいとされています。さらに腸を正常に機能させていくために、朝食には、腸内環境を整えてくれる「ヨーグルト」、「リンゴ」や「バナナ」などの果物が良いと言われています。果物に含まれている「食物繊維(植物繊維のセルロース、ペクチン・リグニン・アルギン酸など、食物成分の中で、人の消化酵素では消化できないものの総称)」は、水溶性食物繊維と呼ばれています。水溶性食物繊維は、腸にまでしっかりと届いてくれるので、便秘解消を手助けしてくれるわけです。これは、「べクチン」と呼ばれている食物繊維でもあります。また、それに際して、果物に含まれている「ビタミンC」との相乗効果において、便秘に効果があるという研究報告も多数存在しています。便秘だけではなく、下痢も交互に起こるという人は、特に気を付けて、常温にした水分や食物の摂取を心掛けてみましょう。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする