水分を取って便秘を解消する1

水分を取って便秘を解消する1

便秘になる大きな原因としては、便の水分量が深く関係していると言われています。水分不足に陥ってしまうと、便が固くなって、やがて便秘になりやすい状態へと変わっていくのです。便秘を解消するためには、生活習慣や食事と併用させて、まずは水分をしっかりと、そしてこまめに摂るように心掛ける必要があります。便に含まれているとされる水分は、およそ60%~80%がベストだと考えられています。具体的な目安としては、1日につき1リットル~2リットルの水分が、体には必要だとされています。アルカリイオン水やミネラルウォーターなどは、特に便秘には良いと言われています。ただ水分を摂れば良いと言っても、現在には多くの水に関した種類が存在するため、どれを選べばいいのか迷ってしまう場合もあります。そんな時は、出来るだけ水の「分子(原子の結合体で、その物質の化学的性質を失わない最小の構成単位)」が小さく、体の中に発生している活性酸素(化学反応が起こりやすくなった酸素)を除去してくれる効果のあるもの、つまり、酸化還元力を有する水がお勧めです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする