下剤のウソ・ホント

下剤のウソ・ホント

便秘を手早く解決しようと思った場合、私たちが思い浮かべるのは、まず「下剤」の存在ではないでしょうか。現在では薬局で手軽に購入出来て、効果も即効性があるために、便秘になったら下剤を使用する人も多いはずです。便秘が重度となってしまった場合、下剤に頼ることは当たり前でもあり、仕方のないことです。しかしながらも、どのような状態であっても下剤を使用することは、実は便秘にとって好ましくはないのです。下剤とは、腸に刺激物を入れることによって、腸がその刺激物を一刻も早く排出しようとする働きを利用した構造になっています。だからこそ、一時的には通便を促(改善)しても、下剤を多用することは、腸の働きを弱めることに繋がるのです。これは反対に、便秘を引き起こしやすい体質にしてしまう可能性もあります。結果的に、下剤に依存してしまう体質が出来上がってしまうわけです。下剤は、腸にとっては毒素の1種でしかありません。だからこそ下剤は、出来ることなら使用を控え、なるべく腸をキレイにする方法を取り、人間の自然治癒力を引き出した便秘解消方法を実践しましょう。たとえ下剤を使う場合でも、常に腸内環境を良くすることを意識しましょう。改善に向けて取り組むことによって、慢性的な便秘から抜け出せるきっかけになります。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする