便秘解消の薬「ペクチン」1

便秘解消の薬「ペクチン」1

便秘を解消するために効果的な成分の1つとして、「ペクチン」が挙げられます。ペクチンは、その量には多少の違いがあるものの、あらゆる果物や野菜に含まれている、天然の多糖類になります。非セルロース性多糖類であるペクチン質の1種でもあり、水溶性のペクチニン酸のことを主として指します。基本構造としては、ガラクツロン酸であるガラクトースから誘導されたウロン酸で、各種の植物粘質物・細菌の多糖類などの構成成分が、直鎖状に連なったものになります。カルボキシル基の1部が、メチルエステルになっています。本来であれば、6%以上のメトキシル基であるCH3O―を有しています。形状色素としては、帯黄白色であり、無定形粉末です。水に溶かすことによって、粘度の高いコロイド溶液へと変化します。この状態で、酸や糖を加えることによって、ゼリー状に固定されます。このゲル化作用は、ジャムを作る時に必要なものになります。さらに、ペクチンは食物繊維の1種でもあることから、腸の健康に非常に効果が期待されています。コレステロールの上昇を抑えて、動脈硬化、高血圧、心筋梗塞、糖尿病にも良い働きをします。柑橘系の果物に特に多く含まれているのが特徴です。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする