便秘解消の薬「アルギン酸ナトリウム」2

便秘解消の薬「アルギン酸ナトリウム」2

便秘を解消させることを目的としたアルギン酸ナトリウムは、アルファ―L―グルロン酸、ベータ―D―マンヌロン酸が、ピラノース型を取っており、1・4―グリコシド結合によって、繋がりを持った構造となっています。その性質としては、マグネシウムイオンやカルシウムイオンを添加させると、ゲル化することなどが主として挙げられます。食品製造の際に添加する物質である食品添加物としては、「増粘多糖類(飲料を含む食品にとろみを付けることを目的とする)」や「ゲル化剤(液体をゲル化して固化する化学物質)」として使用されています。いずれも、食感やのどごしの向上などに貢献しています。また、病気の診断・治療・予防に用いる医薬品としては、「胃粘膜保護用剤」や「歯科印象剤」、染料時の捺染(なっせん、直接布地にすり付けて染色)用の「糊(のり)」、紙の「コーティング剤」など、幅広い用途で利用されているのです。この海草類に多く含まれている水溶性食物繊維が、便秘にも効果的だと考えられています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする