便秘を解消するための漢方薬「大黄牡丹皮湯」1

便秘を解消するための漢方薬「大黄牡丹皮湯」1

中国から伝わった医術である「漢方」では、血行障害や鬱血(うっけつ、静脈の血液の流れが悪くなって滞留する状態)のことを、「お血(けつ)」という概念で捉え、さらにこの考え方を非常に重視します。女性における月経のトラブルを含めて、こうした血の道症では、このお血を改善する漢方薬が、主に使われます。その1つが、「大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)」になります。大黄牡丹皮湯は、血液循環を促すほかにも、熱や炎症を取ったり、便通を良くする作用を有しています。それに加えて、ホルモンのバランスを整える効果も期待出来ます。処方対象としては、体力があって、冷え性のない人になり、下腹部の張りや便秘を伴う時に向いているとされる処方になります。具体的には、女性の生理不順、生理が重い場合、または下腹部痛・便秘・痔などに適応しています。こうした症状による、輸卵管の1部が変化した筋肉性の器官であり、受精卵が着床して発育する「子宮」や、尿が排出される通路である「尿路(腎臓・尿管・膀胱・尿道の総称)」の病気にもまた、応用され得ます。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする