便秘のおおまかな分類2

便秘のおおまかな分類2

便秘の分類の3つめは、「痙攣(けいれん)性便秘」です。痙攣性便秘は、大変強い腹痛を伴うことが多いです。また、便意が強く起こりますが、量は少なく、排便した後でも、強い残便感を有します。主に心因性による「過敏性大腸症候群(大腸の運動機能異常のために、長期に渡って下痢や便秘、または両者の反復症状をきたす状態)」などに、多く見られます。痙攣性便秘の場合、下痢(大便が液状か、それに近い状態で排泄されること)や便秘を繰り返して、腹痛を伴います。社会的・日常的に、ストレスを強く受けることが原因だと考えられています。ストレスは、寒冷・外傷・精神的ショックなどによって、引き起こされる、精神的緊張や生体内の非特異的な防衛反応のことを指します。また、その要因となる刺激や状況のことでもあります。便秘を解消するためには、まずは以上のようなタイプの中で、自身がどれに相当するか知る必要があり、それに見合った解決策を模索していくことが重要となってきます。正しい知識の下、的確な治療を行っていかなければ、重大な病気に関わってくる可能性もあるので、よく注意しましょう。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする