便秘のおおまかな分類1

便秘のおおまかな分類1

便秘は大きく、3つに分類することが出来ます。まずは、「弛緩(しかん)性便秘」です。これは便秘の中でも、最も多いとされるタイプであり、大腸の動きの低下が原因として考えられています。弛緩性便秘においては、「センナ(マメ科の小低木で、葉が下剤の原料に用いられている)」系の刺激性を有した下剤を飲むことは逆効果とされ、ますます腸が動かなくなる要因となります。さらに酷い状態となったものを、「大腸無力症」と呼んでいます。運動不足や偏食、少食などによる腸の蠕動(ぜんどう)運動を主としています。蠕動運動とは、筋肉の収縮波が、徐々に移行していく型の運動を指します。消化管壁が食物を送るための運動のことです。次に、「直腸性便秘」です。直腸性便秘の場合、便意があるにも関わらず、排便を怠ったり、排便出来ない状態や、それに伴う我慢を繰り返していると起こり得る便秘です。これにより、便意は次第に鈍っていくため、直腸内において、便が下りてきても、便意を感じにくくなってしまうのです。便意を我慢する習慣や、下剤を過度に使用することなどが、主な原因として挙げられています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする