便秘が原因でなり得る病気2

便秘が原因でなり得る病気2

便秘によって起こり得る病気には、前述したほかにも存在します。血圧が持続的に異常に高くなっている状態である「高血圧(高血圧症・血圧亢進症)」も、その1つです。一般的には、最大血圧が150ミリメートル水銀柱、最小血圧が100ミリメートル水銀柱以上を指します。また、肛門部の病気の総称である「痔(ぢ)」も、便秘による代表的な病気です。さらに、高血糖と糖尿とが持続的に認められる慢性の病気である「糖尿病」も、これに含まれます。糖尿病は、体内において、ぶどう糖がエネルギー源として利用されるために必要な、インスリンの不足によって起こります。のどの渇きや多尿、空腹感や倦怠感などの自覚症状を伴い、感染症や動脈硬化、白内障などの合併症が起こりやすくなります。また、気管支喘息(ぜんそく)やアレルギー性鼻炎、花粉症や蕁麻疹(じんましん)などの「アレルギー性疾患(アレルギーが原因と考えられる病気)」、「冷え性(冷えやすい体質)」にも注意が必要です。冷え性は、特に腰から下が冷えることを指し、女性に多いと考えられています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする