便秘が原因でなり得る病気1

便秘が原因でなり得る病気1

便秘は、ただ単に排泄困難や不快な症状を伴うだけではなく、様々な病気になり得る危険因子です。例として、約半数が直腸癌で、S状結腸癌が続くと言われている「大腸癌(だいちょうがん、大腸に発生する悪性腫瘍)」、ひどい胸焼けや胸痛、喉に酸っぱい液が上がってくるなどの症状を伴う「逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん、胃液が逆流することにより食道に起こる炎症)」があります。逆流性食道炎では、食道下部の括約筋が緩んだことによって、食道の動きが鈍ることなどが原因だと考えられています。また、同じ症状でも、炎症が認められないものを含めると、胃食道逆流症という呼称が存在します。さらに、「大腸ポリープ(大腸の粘膜に出来るイボのような腫れもの)」もその1つです。ポリープとは、皮膚や粘膜の表面において、キノコ状に盛り上がる状態を指します。大きさは米粒から親指ほどあり、球・楕円・卵形など、形は様々です。発生する数も大きさも多岐に渡り、特に高齢者が多いとされています。この中には、癌になり得るものも存在するので、注意が必要です。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする