便秘による身体への影響2

便秘による身体への影響2

便秘は、腸の中において、排出物が停滞した状態を指します。この便秘の状態が長く続いていくと、腸に溜まっていた老廃物は次第に腐敗して、やがて有害なガスを発生するようになるのです。このガス(気体)の1部は、腸の壁から血流に乗って、全身の細胞へと送られていきます。ガスは毒性でもあるため、細胞の新陳代謝を弱め、頭痛や肩こり、さらには肌荒れなどの不快な症状を引き起こすのです。そして、免疫力が落ちていきます。免疫とは、病原体や毒素、外来の異物、自己の体内に生じた不要成分を、非自己と識別して、排除しようとする生体防御機構の1つになります。本来、免疫は、ある特定の病原体に1度感染して、そこから回復すると、抵抗性を有するようになり、同じ病気に掛からなくなることを言います。先天的に備わっている自然免疫と、後天的に得られる獲得免疫とが存在し、機構としては、細胞性免疫と液性免疫の2つが働くと考えられています。便秘は、近年での女性の癌として1位になった、大腸癌にもまた密着な関係があると指摘されるようになりました。便秘によって腸内環境が悪化することで、癌細胞の発生を誘発する毒素が作られるのではないかと見られています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする