便秘による身体への影響1

便秘による身体への影響1

「便秘(健康時に比べて排便の回数や量が著しく減ってしまい、便が滞っている状態)」による影響は、実は排泄困難だけに関わらず、脳の働きにまでも及ぶと考えられています。だからこそ、便秘や、それに伴う腸の衰えを放置してはいけないのです。人間には、体に蓄積していく老廃物に加えて、有害物質などの毒素を排出するため、発汗・排尿・排便という3つの機能が備わっています。この中でも、特に重要だと思われているのが、排便になります。体内に蓄積される老廃物は、主に高分子化合物である「毒素(生物によって作られる毒性の物質)」によって構成されています。毒素のおよそ75%が、便によって排出されることになります。よって、健康を維持していくためには、毎日の排泄が肝心になってくるのです。便秘ではなく、快便を心掛ける必要があります。しかしながら、便秘の症状で悩んでいる人は、全国でも800万人以上は存在していると言われています。それも、年々増え続けていると考えられています。こうした便秘には、ただ苦しいばかりではなく、身体にも様々な弊害を伴うのです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする