便秘にさよなら

便秘にさよなら

便意はコントロール可能です。
朝起きて、朝食を取る。この時間を最低1時間は確保してください。
スムーズに便を出すためには、便意をのがさない生活をすることが大切です。
でも、便意なんていつくるかわからない……と思うかもしれませんね。
実は便意は自分でコントロールできるものなのです。
便意の元となる「胃、大腸反射」は食べ物が胃に送られるのがきっかけとなって
起こります。次にぜんどう運動が始まり最終的には便意に繋がります。
この胃・大腸反射がもっとも起こりやすいのが朝食後なんです。
朝起きて、朝ごはんを食べることで便意は自力でつくりだせるのです。
コップ1杯の水が便秘薬の代わりになります。
便意促進のために一工夫しましょう。朝起きたら、水をコップ1杯飲んでみて
ください。水によって胃腸が目覚め、便意がさらにスムーズに訪れます。
朝食をとれない日には、水を飲むだけでも効果があります。
便秘薬で無理に便を排出するより健康的ですね。
いきまずに出せる便が健康なんです。
便意を感じた時にトイレに行き、あまりいきまなくてもするりと出る、これが
健康的な排便です。その為には便自体も健康的な量、におい、かたさで
なくてはなりません。
便は腸で消化・吸収しきれずに残ってしまった未消化の食べ物と、剝れおちた
腸の細胞粘膜、腸内細菌の死骸、そして水分が合わさったものです。
理想的な便のためには、食べ物の内容と腸内環境のバランスが大切です。
自然なぜんどう運動のスピードで適度な水分を保った便にする必要があります。
食生活と運動習慣、生活リズムの見直しをしましょう。
食生活改善して、食べ物の内容を見直し腸内環境をよくしましょう。
さらに、生活リズムと運動習慣の改善でぜんどう運動を自然なスピードに
戻していくのです。
体に効果があらわれる、習慣化するには3週間くらいかかりますがあきらめずに
続けることが大切です。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする