プロバイオティクスに使われる細菌の種類2

プロバイオティクスに使われる細菌の種類2

乳酸菌における動物性乳酸菌の種類の続きです。「カルピス菌」もまた、これに分類されます。カルピス菌は、乳酸菌と酵母を含む、複数の微生物の共同体です。そして、「LC1乳酸菌」です。LC1乳酸菌は、ネスレで有名で、主にピロリ菌を減少させる働きを有しています。次に、「ビヒダスBB536」です。ビヒダスBB536は、森永乳業から出ており、ヨーグルトになった初のビフィズス菌になります。抗アレルギー効果が期待出来ることが特徴です。また、「LGG菌」もこの1つです。LGG菌は、タカナシ乳業から出ていて、整腸作用や有害物質・発ガン性物質の生成が減少されると言われています。また、ダノンビオで有名な「BE80菌」は、最も胃酸に強いビフィズス菌だとして周知されています。「クレモリス菌」はフジッコより出ていて、カスピ海ヨーグルトとして有名です。効果としては、便秘の改善、抗腫瘍(しゅよう)作用、免疫力の亢進、コレステロールの低下などが挙げられます。「ガセリ菌SP株」は、日本ミルクコミュニティから出ています。メタボフリーヨーグルトガセリSP乳酸菌とも呼ばれていて、小腸に長く留まってくれることにより、メタボ解消の効果が期待出来ます。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする