腸内洗浄におけるプロバイオティクスの効果2

腸内洗浄におけるプロバイオティクスの効果2

プロバイオティクスにおける代表的な食品は、植物性乳酸菌で出来る「ぬか漬け」、「納豆」、「味噌」などで、これらは酸に強く、腸まで届く優良食品に分類されています。またプロバイオティクスでは、腸内に住んでいる細菌のバランスを改善して、体調を健康に導いてくれるという、安全が保障された微生物を指す場合にも多く使われています。「ビフィズス菌」や「乳酸菌」は、その代表格となる善玉菌になります。このような腸に良い細菌を含むヨーグルトなどの食品自体を、プロバイオティクスと呼ぶこともあります。ちなみに乳酸菌は、代謝により乳酸を生成する細菌類の、非学術的な総称になります。種類も豊富であり、一部の乳酸菌が、腸などの消化管に腸内細菌として、そして膣の内側に常在しているのです。これが他の病原微生物から生体を守ってくれる働きを有し、恒常性の維持へと役立っていると考えられています。乳酸菌という名称は、細菌の生物学的な分類上の特定の菌種を示す性質にはなく、その性状に対して名付けられたものになります。一般的には、発酵によって糖類から多量の乳酸を産生し、そして悪臭の原因になるような腐敗物質を作らないものと定義されています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする