腸内洗浄におけるプロバイオティクスの効果1

腸内洗浄におけるプロバイオティクスの効果1

腸内洗浄は、腸に溜まった老廃物や便を排出する作用を有しています。腸内洗浄によって、余分なものを出した後には、すぐに「ビフィズス菌」を大量に腸内へ投入することをお勧めします。ビフィズス菌には、整腸作用だけでなく、アトピー性皮膚炎の軽減や、寿命伸長効果も期待出来ます。この方法は、大腸に良い働きをしてくれる腸内細胞を増やす考え方になり、プロバイオティクスと呼ばれているものです。プロバイオティクスとは、人体に良い影響を与える微生物のことであり、それらを含む製品や食品のことを指します。人間は、体内の微生物のバランスを崩すと病気になるという概念の下、古来より生活してきています。体内環境を整えるためには、乳酸菌に代表される善玉菌を、食品より摂取することが重要となってきます。これにより、崩れた消化器系の均衡が改善されて、病気の発生を未然に抑えることが可能になると言われているのです。この概念は、アンティバイオティクスである抗生物質の副作用や、抗生物質によって生じた耐性菌の発生に対した、批判より生まれた、特有のものです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする