病院で行う腸内洗浄の方法2

病院で行う腸内洗浄の方法2

病院で行う腸内洗浄には、決まった流れが存在します。前述したように、問診などを行った後、大腸内の視鏡検査をします。そして通常の腸内洗浄が可能と診断された場合、初めにベットに横になります。それから横向きの姿勢を取ります。そして、「肛門(こうもん、消化管の終わりにある大便の出口であり、直腸の末端が皮膚に開口する場所)」に専用の潤滑ゼリーを塗って、直径1・5センチ、長4センチほどの管を、ゆっくりと肛門内に挿入していくことになります。管を通すと、温水が注入されます。この温水が、大腸内を洗浄していくのです。温水の注入と排出は、およそ5~10分間隔のサイクルによって行われます。この過程を、4~5回程度繰り返していくのです。腸内を流れていく温水は、腸内の老廃物と一緒に管を通って、外へと排出されます。腸内洗浄の施術中は、老廃物がスムーズに排出されるように、腹部を押すというマッサージしながら行われます。温水が体内に入っていくと、やがて圧迫感がやってきます。この圧迫感を合図として、便が排出される仕組みになっています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする