「ひまし油」を使った腸内洗浄3

「ひまし油」を使った腸内洗浄3

脂肪油としてのひまし油は、粘度・比重ともに最大になっています。それに加えて、低温下であっても、高い流動性を有しています。このことから、各種工業用の原料として、広く用途があるわけです。油脂としてもまた、その潤滑性がかなり優れているとされていますが、酸化しやすい性質にあり、熱安定性が劣ることから、一般用としては不向きだと考えられています。よって短時間でも、その都度交換する、レース用のエンジンオイルとして使用されているのです。ひまし油や、その加工品は、石鹸(せっけん)・潤滑油・作動油・塗料・インキ・ワックス・耐低温樹脂・ナイロン・医薬品・香水・ポマードなどの原料として、主として使われています。有名なメルセデス・ベンツのブレーキホースの原料もまた、ひまし油によって出来ています。ひまし油はまた、セバシン酸の原料としても重用されています。有毒性のあるリチンは、ひまし油を生産する際の副産物として主に作られています。 医薬用途の中でも、ひまし油が占めるのは1%程度ですが、古来より下剤として使われていて、日本薬局方にも記載されています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする