「ひまし油」を使った腸内洗浄2

「ひまし油」を使った腸内洗浄2

腸内洗浄のために使われるひまし油の原料であるトウゴマは、一般的にはインドや北アフリカの原産になり、種子からひまし油を獲ることを目的として栽培されています。ひまし油は、古来から下剤として周知されてきました。安全性も充分に確立されているのです。使う際には、ひまし油を15~60ミリリットルの間で、便秘の度合いや程度、具合や状態によって増減・加減する必要があります。ひまし油は、ひましゆや蓖麻子油とも呼ばれ、トウダイグサ科のトウゴマの種子から採取する植物油の1種になります。ひまし油の成分は、「不飽和脂肪酸(87%のリシノール酸、7%のオレイン酸、3%のリノール酸)」と、少量の「飽和脂肪酸(パルミチン酸、ステアリン酸などがそれぞれ3%)」のグリセリド(グリセロール・グリセリンと脂肪酸とのエステル化合物の総称)から出来ています。グリセリドは、グリセリン脂肪酸エステルとも呼ばれています。結合している脂肪酸残基(アシル基)の個数は1~3で、これによって、モノグリセリド、ジグリセリド、トリグリセリドの3種に分かれています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする