「ひまし油」を使った腸内洗浄1

「ひまし油」を使った腸内洗浄1

「ひまし油(蓖麻子油)」は、トウゴマの種子を圧搾(強い圧力を加えて、物質の密度を大にすること)することによって得られる、不乾性油になります。特有の臭気を有しており、その主成分は不飽和のヒドロキシカルボン酸の1つである「リシノール酸」です。リシノール酸は、グリセリドとして、ひまし油中に存在しています。このひまし油をけん化することによって、混合脂肪酸が生じます。これをアセトンに溶かしてから、分別結晶を行うと得られる物質です。常温では、無色の油状液体です。エタノール(エチルアルコール)、エーテル、クロロホルムによく溶けるとされています。ドライクリーニング用のせっけんの原料にもなっています。下剤や潤滑油などに使用されています。トウゴマは、漢字表記では唐胡麻になり、これはトウダイグサ科の一年草になります。「からえ」や「ひま」とも呼ばれ、高さは数メートルにもなり、葉は盾形をしていて、手のひら状に裂けるのが特徴です。季節は秋で、柄の上部には雌花を、下部には雄花を付けます。実にはトゲを持っていて、種子は楕円形で、つやを有しています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする