便秘解消のために自分で腸内洗浄を行う場合2

便秘解消のために自分で腸内洗浄を行う場合2

便秘を解消するために、自身で行う腸内洗浄の方法で適用されるのが、アントラキノン系の下剤です。アントラキノン系の下剤は医療用に主に扱われており、この塩類下剤の成分には、ミネラルが腸から吸収されにくくなる作用が入っています。このため、腸の「浸透圧(半透膜を境にして、溶液と溶媒とが接触することで、浸透の現象が起こる際の両方の圧力の差を指す。溶液の濃度が低い場合には、濃度と絶対温度に比例する)」が必然的に高くなって、元に戻そうとする反発作用が働き、水分の大規模な移動が起こるわけです。このような過程を経ることによって、便は柔らかくなり、膨らみます。腸の運動が開始されると、便は水と一緒になって、スムーズに排泄へと至るわけです。アントラキノン系の下剤を、一時的にでも多く摂取した場合には、腸からすぐに吸収されずに、腸管内に残ります。それにより、水を引っぱる働きが起こり、自然な排泄を促すとされています。ちなみに浸透圧における半透膜とは、溶液や気体混合物などについて、成分の1部は通すが、他の成分は通さない膜になります。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする