便秘を解消するための漢方薬「桃核承気湯」2

便秘を解消するための漢方薬「桃核承気湯」2

これまで見てきたように、漢方薬は、自然の草や木(樹皮・草の根・葉)から取った「生薬」の組み合わせによって、構成されています。生薬は、西欧生薬と和漢薬、民間薬などに分けられる、植物・動物・鉱物などをそのままか簡単な処理を施して、医薬品や医薬原料に供するものを指します。桃核承気湯の場合、合計5種類の生薬によって構成されています。「大黄(だいおう)」と「芒硝(ぼうしょう)」は、漢方における代表的な緩下薬です。便通を良くし、熱や炎症を鎮める作用があります。「桃仁(とうにん)」は、血行を良くしてくれます。これは、お血の改善に役立つとされています。また、のぼせやイライラ感を発散してくれる「桂皮(けいひ)」、緩和作用を持つ「甘草(かんぞう)」などによって配合されているのです。上記の成分が同時に働き、漢方薬としてより優れた効果を発揮するわけです。一般的な病院では、煎じる必要のない、水やアルコールなどにつけて有効成分を抽出し、固形や半固形にしたものである乾燥エキス剤が、主として使われています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする