便秘を解消するための漢方薬「桃核承気湯」1

便秘を解消するための漢方薬「桃核承気湯」1

中国からきた医術である「漢方」においては、血行障害や、静脈の血液の流れが悪くなって滞留する状態である鬱血(うっけつ)のことを、「お血(おけつ)」という概念で捉えています。この概念には、女性においての月経トラブルが含まれており、「血の道症」として重要視されています。このお血を改善するために、漢方薬は使用されているのです。その1つが、「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」になります。桃核承気湯は、血液循環を促進するだけでなく、便通を良くしたり、不安やイライラ感を鎮めたりすることによって、気分を落ち着けてくれるのです。さらには、ホルモンバランスを整える効果も大いに期待されています。処方に適しているのは、体力を有しているがっちりとした体型の人や、肥満体質にある人になります。症状としては、顔色は良いがのぼせ気味であり、下腹部が張ったり、便秘の傾向にある人です。具体的に見てみると、女性の生理不順、重い生理、生理に伴った不安やイライラ、腰痛、便秘、打ち身、高血圧に伴う頭重感、肩こり、めまいなどになります。こうした症状を伴う子宮の病気にもまた、応用されています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする