便秘を解消するための漢方薬「大承気湯」

便秘を解消するための漢方薬「大承気湯」

便秘を解消するために使われる漢方薬の1つに、「大承気湯(だいじょうきとう)」があります。この大承気湯という方剤の効能としては、便通を良くすると共に、不安やイライラを和らげて、気分を落ち着かせるところにあります。大承気湯の処方に向いているのは、体力があって、全体的にがっちりとした体型の人、または肥満体質の人であり、お腹の張りが強くて便秘傾向にある人です。中国から伝わった医術である漢方薬は、自然の草や木から取った生薬の組み合わせからなっています。大承気湯を構成している生薬は、合計4種類です。「大黄(だいおう)」と「芒硝(ぼうしょう)」は、漢方においての代表的とされる緩下薬になります。これは便通をつけ、熱や炎症を鎮める働きをします。また、「厚朴(こうぼく)」と「枳実(きじつ)」に関しては、鳩尾(みぞおち、胸の中央のへこんだ所)やお腹の張りを抑えたり、気分を落ち着けたりすることに役立ちます。こうした成分が同時に働くことによって、私たちにより良い効果をもたらしてくれるわけです。一般的に病院では、使いやすい乾燥エキス剤が用いられています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする