便秘を解消するための漢方薬「麻子仁丸」

便秘を解消するための漢方薬「麻子仁丸」

漢方は、中国から伝わった医術です。ここで使われる薬は、漢方薬と称され、様々な症状に対応することが出来ます。便秘を解消するために使われる漢方薬の1つには、「麻子仁丸(ましにんがん)」があります。この麻子仁丸という方剤の効能としては、便を柔らかくして、便通をよくするところにあります。処方に向いているタイプとしては、体力が中程度か、若干弱い人であり、特には高齢であり、乾燥したうさぎの便のようなころころした状態に適しています。漢方薬は自然を原料としているので、自然に生成している草や木から取った生薬の組み合わせからなっています。麻子仁丸の場合、合計6種類の生薬によって構成されています。水分を保持するための「麻子仁(ましにん)」、そして「杏仁(きょうにん)」を主として、腸の運動能力を促進する「大黄(だいおう)」、腹部のつかえを下すとされる「厚朴(こうぼく)」、「枳実(きじつ)」、さらには、腹痛を和らげてくれる「芍薬(しゃくやく)」などによる配合から出来ています。こうした成分が同時に働くことにより、より良い効果が生み出されるのです。基本的に病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤が主として使われています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする