便秘を解消するための漢方薬「三黄瀉心湯」

便秘を解消するための漢方薬「三黄瀉心湯」

中国から伝わった医術である「漢方」の薬、漢方薬には便秘を解消するために適しているものがいくつか存在します。その1つが、「三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)」です。三黄瀉心湯という方剤は、体の熱や炎症を取り除き、機能の亢進(こうしん、気持ちや病勢などが高ぶって進むこと)を鎮める働きを有しています。処方に向いている人の特徴としては、体力があって、赤ら顔であり、のぼせやイライラする頻度が高く、また便秘がちであることです。具体的な症状としては、のぼせ、ほてり、イライラ感、不安感、不眠、便秘、鼻血(出血)、そして高血圧に伴う頭重感、肩こり、めまい感などに適しているとされています。自然の草や木から取った生薬の組み合わせである漢方薬、三黄瀉心湯の構成生薬は、合計3種類からなります。この3つとも、熱や炎症を鎮めるための、寒性の生薬になっています。「大黄(だいおう)」では、便通を良くする作用を有しています。病院では一般的に、煎じる必要のない乾燥エキス剤が使われています。その他としては、「黄連(おうれん)」、「黄(おう)ごん」になります。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする