便秘を解消するための漢方薬「潤腸湯」

便秘を解消するための漢方薬「潤腸湯」

便秘を解消するために使われる漢方薬の1つに、「潤腸湯(じゅんちょうとう)」があります。潤腸湯という方剤の効能は、便を柔らかくすることで、便通を良くするところにあります。体力が中程度、または若干弱い人に向けて特に用いられ、高齢の方によくある乾燥して、ころころしたうさぎの便のような状態の際に適しています。ご存知の通り、漢方薬とは、自然の草や木からとった生薬の組み合わせから生成されています。潤腸湯の構成生薬としては、腸の運動を高める「大黄(だいおう)」を中心として、水分を保持する「麻子仁(ましにん)」、「杏仁(きょうにん)」、血行を促進するとされる「当帰(とうき)」、「地黄(じおう)」、緩和作用を有する「甘草(かんぞう)」などの、合計10種類の生薬によって配合されています。こうした成分が同時に働くことによって、より良い効果を発揮するわけです。病院ではまた、煎じる必要のない乾燥エキス剤がよく使われています。その他には、「桃仁(とうにん)」、「厚朴(こうぼく)」、「黄(おう)ごん」、「枳実(きじつ)」があります。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする