ストレスが続くと常習性便秘

ストレスが続くと常習性便秘

旅行に出たときに一過性の便秘になるのは、環境が
変わって身体が緊張しているためです。
旅行ならば帰宅すれば便秘も解消されるでしょう。
ですが、ストレスの多い生活が続いていると体の緊張
が解けるときはありません。
日常的に長く続くストレスほど、常習性の便秘の原因
になりやすいのです。
けいれん性便秘の場合は腸の収縮が強すぎるためです。
最近増えているのは過敏性症候群のひとつ、けいれん性
便秘です。
過敏性腸症候群はストレスのために腸の動きがおかしくなる
便通異常です。便秘や下痢が続いたり、便秘と下痢を繰り返す
などと、いろいろな現れ方をします。
けいれん性便秘では、腸がストレスのために敏感になり、収縮
が強すぎるためにリズミカルなぜんどう運動をしていません。
女性に多く、10代~50代まで幅広い年代にわたります。
ぜんどう運動を整える栄養素はビタミンB群です。
ビタミンにも高い便通効果があります。
まず、ビタミンB1は、自律神経の働きを正常にする効果があります。
腸のぜんどう運動は自律神経によっておこなわれます。
さらにパントテン酸というビタミンBの1種には、自律神経の中でも
副交感神経の働きをうながす作用があります。
副交感神経は、リラックスした時に優位になる神経なので、排便を
助けてくれます。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする