便秘のメカニズム

便秘のメカニズム

胃や小腸で食べたものが消化されて、ドロドロになった
食べ物が腸に入ります。
腸壁の筋肉が、伸びたり縮んだりする運動することによって
ドロドロになった食べたものが奥へ、送り込まれていきます。
この運動がうまく行われないと、便は大腸に長く留まってしまい
便秘のきっかけとなってしまいます。
大腸に長く留まった便は、水分を吸収されて便が硬くなり
ますます、ひどい状態になります。
これが、便秘のメカニズムになります。
もちろん、便を我慢すると便秘になります。
順調良く大腸を通過した便が、直腸まで届くと「便意」を
催します。ここで、しっかり排便すると便秘にはならないのですが
朝の忙しさや便意を感じた時に、トイレにいかず我慢し続けると
「便意」が収まってしまい、便秘となってしまいます。
これを直腸性便秘の原因なのです。
我慢が悪いのは、直腸から脳への信号が悪くなっていきます。
すると、トイレに行きたい感覚がなくなってしまいます。
そうなってしまうと、便が腸内滞在時間が長くなり水分もなくなり
硬くなって排便困難になってしまうんです。
腸内は36.7度で食べたものは腐ってしまいます。
便秘になると、腸が汚くなり老化がはやくなります。
肌にも影響が出て、吹き出物が出たりします。
注意!便意を感じたら我慢をせずに必ずトイレに行って排便
する習慣をつけましょう。とても大事なことです。
ひどくなると、大腸ガンなどの原因にもなります。
便秘解消には、朝起きぬけに水か牛乳を一杯飲みましょう。
寝ぼけた胃腸に、刺激を与えてしっかり働かせましょう。
朝の空腹時に胃、大腸反射が起こりやすいので効果があります。
牛乳には下剤効果もあります。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする