過敏性腸症候群には漢方薬が効く?

過敏性腸症候群には漢方薬が効く?

便秘や下痢の主とした要因となり得る、過敏性腸症候群の治療においては、「漢方薬」もまた有効な手段だと考えられており、全ての場合において適応出来るとされています。漢方薬を行った治療においては、精神療法と生活指導も並行することが大切だとされているので、注意が必要です。効能について順に見ていくと、不安定型にある便秘下痢交代型では、基本的に「桂枝加芍薬湯」が使われます。また、ただ便秘傾向にある場合には、「桂枝加芍薬大黄湯」になります。そして、反対に下痢傾向にある場合には、「桂枝加芍薬湯」が用いられることが多いです。症状として、腹痛と腹鳴が強い時には、「大建中湯」が良いとされています。虚弱体質の小児である場合には、「小建中湯」です。典型的な下痢型にある人に対して、最も多く使われているのが「人参湯」です。そして、体力が普通程度にある人には、「半夏瀉心湯」・「平胃散」が良いとされています。ちなみに、人参湯においては無効であって、虚証の場合では、「真武湯」に代わるそうです。慢性的な便秘型には、「桂枝加芍薬大黄湯」が頻繁に使われています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする