生活の乱れ・不摂生が原因となる便秘や下痢の治療

生活の乱れ・不摂生が原因となる便秘や下痢の治療

便秘や下痢の主症状として挙げられる、過敏性腸症候群においては、その精神的要因が大きく関わってくるのです。これまで、ストレスが原因となることは見ていきましたが、その他として、生活の乱れや不摂生が原因となることもまた、多く認められています。その特に顕著な例としては、暴飲暴食、「喫煙(一般的にナス科の植物であるタバコの葉に含まれる精神作用のある依存性薬物、ニコチンを摂取する手段や行為)」、「アルコール(日本酒・ビール・ウイスキー・ワインなどのエチルアルコールを含んだ飲料全般)」を多量に摂取することが考えられます。喫煙の場合、日本口腔衛生学会、日本口腔外科学会、日本公衆衛生学会、日本呼吸器学会、日本産科婦人科学会、日本循環器学会、日本小児科学会、日本心臓病学会、日本肺癌学会の9つもの学会において、喫煙によってニコチン中毒となった者のことを、依存症と喫煙関連疾患を同時発症している「喫煙病」として、患者とされているのです。便秘や下痢、過敏性腸症候群を解消するためにも、食生活の改善や生活習慣の改善を見直して、規則正しい生活を送るが肝心です。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする